こどもミュージアムプロジェクト

こどもミュージアムプロジェクトって?

交通事故を望んで起こす人など誰もいません・・

ちょっとイライラして。時間がなく急いでいて。
仕事に疲れていて。いい所を見せたくて。

ほんの少しの迷いが、大きな事故を招いています。

こどもミュージアムトラックは、運転士にも見る人にも
心のゆとりを取り戻させます。

誰の心にも必ずある「優しくしたい・世の中を良くしたい」
という気持ちを呼び起こします。

こどもミュージアムトラックを日本中の道路に走らせたい。
そうすれば、交通事故は減らせます。

みんなが少しづつ、優しくなります。
日本の全てのトラックが、こどもミュージアムトラックになることを
私達は夢見ています。

プロジェクト誕生のきっかけ

運送会社は、事故防止のために様々な取り組みをしています。

デジタルタコグラフ、バックアップアイカメラ、ドライブレコーダー

しかし、それでも劇的な事故防止の決め手は望めません。

また、組織においては運送会社と運転士が
「管理する側」と「管理される側」といった関係になり、
安全への取り組みが義務的な窮屈な物になりがちです。

そんな中、一人の運転士がダッシュボードに、自分の子供が描いた絵を飾っていました。





子供が一生懸命描いたものは真っすぐに心に届く。
全ての人々に子供達の絵とメッセージを感じてもらえる場を作りたい。
このメッセージをポスターにしてトラックにラッピングすれば…。

このマークが目印

このマークが目印

ハヤシコーポレーションの施工事例

ページトップへ